1: 国際+の人◆/l2JgZAinUeB 2014/05/13(火)08:45:17 ID:9dif0fJs6
    (はじめに、まとめサイトから来た人へ。ここは「オープン2ちゃんねる」のニュース国際+掲示板です)

    2014年5月12日の参議院決算委員会、和田政宗議員(みんなの党)の質問で以下疑惑が浮上した判明した。

    ・幹部自衛官を養成する防衛大学校の学生が無断渡航している。
    ・学生が借りているアパートに不特定多数の人物が出入りしている。
    ・防衛大学校の講義で、政府方針に反する「アメリカに依存しないアジアを形成するためにアジア共同体建設が必要」と講師が話している。
    ・防衛大学校の講義で、政府方針に反する「尖閣諸島を海洋保護区にするという提案を中国にしてみてはどうか」と講師が話している。
    ・防衛大学校の講義で、政府方針に反する「竹島に関して行き過ぎたナショナリズムによって国益を損なわないことが重要」と講師が話している。
    ・防衛大学校の講義で「国境にとらわれず、他の民族や異文化に対する内なる壁を取り壊せ」と講師が話している。
    ・これら講座は、一般財団法人ワンアジア財団(ttp://www.oneasia.or.jp/a/index.html#university)の寄附講座、「アジアにおける域内安全保障協力の現状と課題―アジア共同体創設に向けての展望-」(ttp://www.oneasia.or.jp/pdf/nda2013.pdf)が2013年度に開講され、第三学年・第四学年の38名が受講した。


    ソース:
    2014年5月12日 参議院決算委員会 和田政宗議員質問(みんなの党)
    ttp://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
    H26/5/12 参議院決算委・和田政宗【防衛大生の無断渡航&ワンアジア財団】
    ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm23538993

    国会質疑 H26 5 12 和田政宗議員 (一部)
    ttp://www.youtube.com/watch?v=WwjmPBCfN94



    関連スレ
    【和田政宗議員】防衛大学の学生が中国に無断渡航している
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1399903103/
    【教育】防衛大学の現実 「アジア共同体創成教育」講座で反日勢力が日本侵食、中国などに無断で渡航する学生も…
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1399925628/

    スレ立て者の補足:
    幹部自衛官を養成する防衛大学校に中国・韓国からの浸透工作が事実であれば、日本の安全保障に関わる重大にニュースになると判断したこと。またオープン2ch東アジアニュース+掲示板で該当スレも立っていないこと。この二点からニュース国際+板で当該スレを立てました。
    http://wiki.open2ch.net/Info/%E3%8B%E3%A5%E3%BC%E3%B9%E5%9B%BD%E9%9A%9B%EF%BC%8B

    引用元: ・【中国、韓国、日本】防衛大学校に海外勢力の浸透・諜報工作? 学生無断渡航、反米教育? 竹島・尖閣の領土否定教育疑惑も[14/05/13]

    【【中国、韓国、日本】防衛大学校に海外勢力の浸透・諜報工作? 学生無断渡航、反米教育? 竹島・尖閣の領土否定教育疑惑も[14/05/13]】の続きを読む

    おーぷん2ちゃんねる、2ちゃんねるSCのニュース記事をまとめています。
    ジャンル: 全般

    当サイトはリンクフリーです。
    相互リンク・RSSをご希望される場合は、下記送信フォームにてご連絡ください。
    アダルトジャンル(記事及びタイトルにアダルト、グロを含む)不可。

    連絡先
    メッセージ送信フォーム こちらを ご利用ください。
    ブログURL http://rittoru.doorblog.jp/
    ブログRSS http://rittoru.doorblog.jp/index.rdf
    姉妹サイト http://blog.livedoor.jp/kiriritto/

    【免責事項】
    当サイトは著作権及び肖像権の侵害を目的としたものではありません。
    当サイトに掲載しております各種記事及び文章及び画像及び動画・映像・音楽などの
    著作権は、各権利所有者・団体などに帰属致します。
    掲載内容に問題がある場合は、上記の連絡先メールにてご連絡をお願い致します。
    速やかに適切な対応をとらせて頂きます。
    当サイトを利用、閲覧、リンク先によって生じたいかなる損害について一切の責任を負いません。

    3-1

    このページのトップヘ